YouTube『フィリピンニュースチャンネル』月・木配信  ブログ『フィリピンブログ』火・金配信

フィリピンの交通手段 ジープニー編

こんにちは。コメアオです。


今回のブログのテーマは、『フィリピンの交通手段 ジープニー編』についてです。


フィリピンといって思い浮かべるものはなんでしょうか?


マンゴー? バナナ? それとも
セブ?


フィリピンと言ったらジープニーと思った方はフィリピンをよく知っていると思います。


ジープニーは元々アメリカ兵が第二次世界大戦で使用していたジープを改良して作られたのが始まりです。

 

素人コメアオ
ジープニーはオーナーが個々に好きなデザインやスタイルにカスタマイズして走っているからかっこいいよね。
玄人コメアオ
ジープニーはフィリピン名物だね。


今やフィリピン人にとって1番欠かせない交通手段と言っていいほど大事な乗り物ジープニーについてです。

 

ジープニー

ジープニーの説明

バスが主に何車線もある主要道路を走っているに対してジープニーは1、2車線の道路を走っている事が多いです。


バスが走れない道路をジープニーがカバーして走っていて路線によっては24時間で走っているので便利です。


ジープニーは停留所がない為、ジープニーが走っている路線の道路ならどこでも好きな所で捕まえる事ができます。
フロントガラスに行き先のサインボードを掲げていてや車体の横にも路線名が書いてあります。

 

ジープニーの乗り方

ジープニーに乗る時はタクシーみたいに手を挙げれば止まってくれます。


前が見えるので人気のある席は助手席ですが大体誰かが乗っている事が多いです。
乗る時は後ろから乗り中は車体の側面に沿ってベンチシートが両側にあり中央が通路みたいになっています。


乗り降りする所から近い席から埋まっていき奥の方は大体席が空いている事が多いです。


朝夕の通勤ラッシュ時には車内が満席で座れない事があり、乗り降りする所に立って屋根に捕まって乗っている人をたまに見かけますが危ないので真似をしないでください。

 

ジープニーの運賃

初乗り 9ペソ


運賃は石油の価格などによって変動します。
因みに2017年の初乗りは6.5ペソでした。


乗ったら”Bayad po” (バヤッド ポ)と言って運賃を払います。“Bayad”は精算の意味です。


“po”をつけると言葉が丁寧な意味になります。ですので”Bayad po”は「精算お願いします。」っていう意味になります。


料金の渡し方は近くにいる人に”Bayad po”と言って渡すととリレー方式でドライバーに渡してくれます。


細かいお金がない時は料金の支払い時にドライバーに行き先を告げるとお釣りを返してくれます。

 

100ペソ以上の紙幣を渡すのはやめましょう。初乗りが9ペソで長距離を乗ったとしても20ペソ前後なので500ペソ、1,000ペソの紙幣を出すと嫌がられます。
 
たまにお釣りを返すのを忘れている運転手さんがいますが、その時は”Sukli” (スクレ)と言いましょう。“Sukli”は「お釣り」という意味です。
 

ジープニーの降り方

降りる時は”Para po” (パーラ ポ)と言っております。“Para”は止まるという意味です。


“Po”をつけると丁寧な意味になります。ですので”Para po”は「止まってください。」という意味になります。


”Para po”と言っても運転手さんに聞こえていない時が時々あり止まってくれない事がありますが、屋根をコンコンとノックする様に叩くと止まってくれます。

 

素人コメアオ
勉強になる。メモっておこう。
玄人コメアオ
ジープニーで乗り降りする時はタガログ語を覚えておくと便利だね。

 

ジープニー 乗車中の注意点

ジープニーは90%以上の確率で窓がついていません。エアコンをつけていない代わりに鉄格子を横にした感じの格子がついています。

 

ジープニー 内で携帯電話を窓の近くでイジっているとジープニーが止まった時に外から手が伸びてきてスラれる可能性があります。


どうしても携帯電話で何かしたい時は窓の近くではなく車内の中央で使用する様にしてください。
何回か携帯電話をスラれている所を目撃してい流ので貴重品は自分で守りましょう。

 

スポンサーリンク

 

エアコンジープニー

運賃
初乗り 12ペソ

エアコンが付いているから料金はちょっと高めの設定です。


90%以上が窓の無いジープニーですがエアコンが有るジープニーも走っています。
エアコンジープニーは今の所マカティでしか見た事がありません。


SM Makatiの隣にあるPark Square から出ている”Makati Loop”という路線とパサイのMOAからマカティのBuendia通りを走ってタギッグ市のボニファシオに行く路線です。

 

ジープニーの未来

2007年に来た時に10年後にはジープニーは無くなると思っていましたが予想は完全に外れました。


あるフィリピン人の友人が、「ジープニーはフィリピンの文化だから、この先もずっと無くなる事はない。」と言っていたのを覚えています。


これだけフィリピン人に愛されている乗り物なので10年後もジープニーはフィリピンの街を走っていると思います。


今度の予想は当たるかもしれません。


日本には無い乗り物で珍しいのでフィリピンに来た時は乗って見る価値はあると思います。

 

まとめ

✔︎ 運賃は初乗り9ペソです。

✔︎ エアコンジープニーの初乗りは12ペソです。

✔︎ 運賃を渡す時はBayad poと言います。

✔︎ お釣りが戻ってこない時はSukliと言います。

✔︎ 降りる時はPara poと言います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

今回のテーマは、『フィリピンの交通手段 ジープニー編』についてでした。

いかがだったでしょうか。

次回のテーマは、『フィリピンの交通手段 タクシー編についてです。


Have a nice day!

ブログランキングに参加しています。

順位の確認はこちらからです。

↓ ↓ ↓


フィリピンランキング


今や英語は世界共通語です。フィリピンでは英語は公用語の1つとして学校で教えています。大半のフィリピン人は英語を話す事ができるので、レアジョブにはフィリピン人講師が多数在籍しています。英語を上達させるには習得したワードやセンテンスを使って話す事が大事です。
会員数50万人突破!業界No.1のオンライン英会話 「レアジョブ英会話」を見る>
スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!
>JAPAN AIRLINES

JAPAN AIRLINES



Japan Airlinesで行くフィリピンの旅。
JAL ビジネスクラスで行く、ワンランク上の空の旅。

フィリピンの観光名所マニラ、ビガン、ボホール等があり
セブ、ボラカイ、プエルトプリンセサ等のキレイなビーチがあちこちにあります。
1度訪れたらまた来たくなる国です。


CTR IMG