YouTube『フィリピンニュースチャンネル』月・木配信  ブログ『フィリピンブログ』火・金配信

フィリピン人と結婚のプロセス ステップ1

こんにちは。コメアオです。


今回のブログのテーマは、『フィリピン人と結婚のプロセス ステップ1についてです。


フィリピン人と国際結婚したいと思っていてもフィリピンでの結婚のプロセスが分からないという方はいませんか?


日本人同士の結婚は婚姻届にそれぞれ必要箇所に記入をして役所に提出をすれば正式に結婚が承認されますが、国際結婚はそんなに簡単ではありません。


人生で初めての結婚で右も左も分かりませんが、1つ1つステップを完了していきます。


まだまだ結婚へのプロセスはたくさんあって時間もかかりますが、1つ1つのステップが完了したらその都度ブログにアップロードしていきます。


今回はステップ1を紹介します。


ステップ1の目的は婚姻要件具備証明書 (独身証明書)を在フィリピン日本大使館で取得することです。

 

自己紹介

その前にちょっとだけ自己紹介します。


フィリピンのマカティ在住ですので、必要書類等はマカティ市役所に提出する予定で、現在結婚相手と同居しています。


2007年5月にフィリピンに日本語教師として来て6年間日本語を教えていました。


その後現在に至るまでアメリカ企業で日本語のサポートとしてフィリピンで働いています。

 

詳しくは下記記事をお読みください。

関連記事:
コメアオの自己紹介となぜフィリピンに来たのか

 

必要書類

ステップ1で必要な書類は戸籍謄本です。

在フィリピン日本大使館 フィリピンにおいて日本人とフィリピン人が結婚するための手続き 日本語版で確認ができます。


Marriage between Japanese and Philippine nationals 英語版』です。


今回はコメアオは初めての結婚ですので再婚の方はまた他に必要な書類がありますのでPDFをよくお読みください。


人生で初めての結婚なので何も分からないですが、このPDFに書いてある通りに手続きを進めようと思っています。

 

日本人が用意する書類

戸籍謄本 1通 

発行後3ヶ月以内でオリジナルでなければいけません。


コピーしたものでは受け付けてくれません。


コメアオは念のため電話して確認済みです。


現在フィリピンに在住している為、日本に住んでいる家族に頼んで国際郵便で送ってもらいました。


念のため戸籍謄本を取得する役所に料金をご確認ください。

戸籍謄本 1通 450円
船便 160円
日数 約1ヶ月

日本郵便 公式サイト 料金・日数から確認ができます。

 

パスポート

有効期限内でオリジナルのパスポートが必要です。


コピーしたものは受け付けてくれません。

 

フィリピン人が用意する書類

出生証明書 1通

出生証明書はオリジナルでなければいけません。コピーは受け付けてくれません。


出生証明書は発行日から何ヶ月以内というのは無いみたいです。

 

今回提出した出生証明書は2018年に発行されたものでしたが、特に何も言われませんでしたが、なるべく発行日が提出する日と近い方が良いと思います。

 

パスポート

有効期限内でオリジナルのパスポートが必要です。


コピーしたものは受け付けてくれません。


フィリピン人のパスポートは特に必要という訳ではありませんが、出生証明書がよく読めない場合にはパスポートは必要です。

 

提出する出生証明書がよく読めなかったので念のため結婚相手のパスポートを持っていきましたが、提出は求められませんでした。

 

スポンサーリンク

 

在フィリピン日本大使館

在フィリピン日本大使館は、パサイ市にあり近くにはMOAがあります。


自家用車を持っていない方はタクシーまたはGrabCar で行った方が便利です。

 

関連記事:
フィリピンの交通手段 Grab 【画像入り使用手順】

ご参考までにマカティから在フィリピン日本大使館までGrabCarを使用した場合
料金 約170ペソ
移動時間 約30分

 

開館日

月曜日から金曜日

 

休館日

土日祝日


日本の祝日とフィリピンの祝日が休館日です。


在フィリピン日本大使館 公式サイト 休館日』を確認してください。

 

時間

午前8:30から午後0:30まで
午後1:30から午後5:15まで



在フィリピン日本大使館に行く時は忘れずにパスポート等の身分証明書を持っていってください。

 

Visitor’s card


入館する前にVisitor’s cardに氏名等書いてゲートの所で紙を渡します。館内は撮影禁止なのでその際携帯電話も預けます。


預けた際に訪問者のIDをくれまて館内に入る前に番号が記載されたカードをもらいます。

 

婚姻要件具備証明書

始めにも書きましたが、ステップ1の目的は婚姻要件具備証明書 (独身証明書)を取得することです。


①館内に入ったら番号が呼ばれるまで待ち
呼ばれたら窓口で婚姻要件具備証明書をもらいます。


②館内に婚姻要件具備証明書の記入例が書いてありますので参考にしてください。
ボールペンも常備されています。


③婚姻要件具備証明書が書き終わったら戸籍謄本と出生証明書とパスポートを窓口に提出します。

 

④しばらくすると婚姻要件具備証明書の受け取りの引き換え券をくれます。


⑤この引き換え券は絶対に無くさないようにしてください。

 

発行日

申請した翌日

 

料金

550ペソ


お釣りが無いように支払ってください。


領事手数料』で各種申請の料金が確認できます。

 

婚姻要件具備証明書を受け取ったら発行日から3ヶ月以内に申請書をフィリピンで結婚する場所の役所に提出する必要があります。在フィリピン日本大使館に電話で確認済みです。

 

まとめ

✔︎ 婚姻要件具備証明書を取得する為に、日本人が用意する書類は、戸籍謄本とパスポートです。フィリピン人が用意する書類は、出生証明書と念のためパスポートです。

✔︎ 申請料は550ペソで申請翌日には発行されます。その際引き換え券が必要になるので無くさないようにしてください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

フィリピン人との結婚プロセスをまとめてありますのでご参照ください。

関連記事:
フィリピン人と結婚のプロセス ステップ2
フィリピン人と結婚のプロセス ステップ3
フィリピン人と結婚のプロセス ステップ4

Have a nice day!

ブログランキングに参加しています。

順位の確認はこちらからです。

↓↓↓


今や英語は世界共通語です。フィリピンでは英語は公用語の1つとして学校で教えています。大半のフィリピン人は英語を話す事ができるので、レアジョブにはフィリピン人講師が多数在籍しています。英語を上達させるには習得したワードやセンテンスを使って話す事が大事です。
会員数50万人突破!業界No.1のオンライン英会話 「レアジョブ英会話」を見る>
スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!
>JAPAN AIRLINES

JAPAN AIRLINES



Japan Airlinesで行くフィリピンの旅。
JAL ビジネスクラスで行く、ワンランク上の空の旅。

フィリピンの観光名所マニラ、ビガン、ボホール等があり
セブ、ボラカイ、プエルトプリンセサ等のキレイなビーチがあちこちにあります。
1度訪れたらまた来たくなる国です。


CTR IMG