YouTube『フィリピンニュースチャンネル』月・木配信  ブログ『フィリピンブログ』火・金配信

フィリピンで賃貸物件の探し方

こんにちは。コメアオです。


今回のブログのテーマは、『フィリピンで賃貸物件の探し方』についてです。


フィリピンで家やコンドー(日本ではマンションと言いますが、英語ではcondominium、略してcondoと言います。)を探す時にどうやって探したらいいんだろう?とかどこで探したらいいんだろう?と困ったことはないでしょうか。

 

素人コメアオ
英語の勉強になるね。
玄人コメアオ
それがフィリピンに住む理由の1つかもね。


探し方はほとんど日本と変わらないですが日本では不動産屋を通して物件を借りることが多いですがフィリピンでは直接大家さんの所に行って交渉できたりします。


フィリピンで賃貸物件の探し方についてまとめましたので早速見ていきましょう。

 

直接探す

“For Rent”の張り紙が家の玄関やアパートの出入り口に貼ってあります。またマンションはエントランスの共有スペースに貼ってあることが多いです。

 

直接物件を探す場合
✔住みたい場所をあらかじめ絞っておき現地に行って探します。

✔大家さんと直接交渉になるので複数の物件を探したほうが大体の相場が分かります。

✔思いがけない良い物件が見つかるかもしれないので時間がある方や根気がある方におススメです。

 

直接現地に行って物件を探すのは正直時間もかかるしどこに”For Rent”の張り紙が貼ってあるか分からないので結構疲れます。以前コメアオも直接探した事もありましたが2か月かかりました。

 

スポンサーリンク

 

サイトで探す

フィリピンではCarousellやPropati24やLamudiの不動産サイトが有名でコメアオはCarousellに合併をしたOLXのサイトで今住んでいる部屋を見つけました。


Carousellの公式サイト
Propati24の公式サイト
Lamudiの公式サイト
でフィリピンの物件を探せますのでどんな物件があるかどうか見てみてください。

 

玄人コメアオ
Carousellに合併したOLXで見つけたコンドーに5年以上住んでるよ。

 

サイトで物件を探す場合
✔ 場所や間取りや金額などを入力すると自分にあった物件が絞れます。

✔ 気に入った物件があったら電話番号が書いてあるので電話またはテキスト(日本で言うメール)をしてください。

 

コメアオはテキストを送ったら数時間後に返信が来てその日のうちに内見する日時を決めました。
内見した時に場所、予算、広さがコメアオにはピッタリと一致したのでその場ですぐに借りる事を決めて大家さんに告げました。


部屋の中のペンキの塗り直し等で4日後には今住んでいる部屋に引っ越しました。最初は1年ぐらいの予定でしたが場所が良くどこに行くにもバスやジープニーにすぐに乗れるので今住んでいる所はとても気に入っています。

 

初期費用 (敷金・礼金)

フィリピンでは物件を借りる際に支払う礼金はありません。

 

Deposit = デポジット(敷金)
Advance = アドバンス(家賃前払い)

 

素人コメアオ
英語の勉強になるなー。
玄人コメアオ
でしょ。英語の勉強になるからフィリピンは楽しいよ。

 

物件を借りる際に、デポジットは何か月分支払い、アドバンスで何か月分を支払うかきちんと確認する事が重要ですのでぜひ覚えておいてください。


コメアオがフィリピンで借りた時のデポジットとアドバンス

2008年当時オフィスを借りた時
2ヶ月分のデポジットと1ヵ月分の家賃前払い

2008年当時アパートを借りた時
1ヵ月分のデポジットと1ヵ月分の家賃前払い

2015年から借りているコンドー
1ヵ月分のデポジットと1ヵ月分の家賃前払い

 

デポジットした金額は日本と同様きれいに使っていれば家、コンドーまたはアパートを出るときに返してくれます。

 

実際に2008年当時住んでいたアパートと借りていたオフィスから出ていく時にデポジットで支払った金額分を返してくれました。また今現在住んでいるコンドーも借りる時に大家さんが出ていく時に壊れている個所や失くした物がなければデポジットした金額は返す。と言ってくれました。

 

スポンサーリンク

 

借りる時に確認をする事

フィリピンで家、コンドーまたはアパートを借りる時に確認をしてほしいのが5つあります。

借りる物件の周辺の道路が洪水にならないか

フィリピンでは、大体11月から5月ぐらいまで乾季といわれ雨がほとんど降りませんが、6月から10月までは雨季になりちょっとした雨でも洪水になる道路はたくさんあります。


洪水にになりやすい道路に面している物件を借りた場合に何か緊急があった時は大変苦労します。


コメアオは今現在借りている部屋は1月に借りたため洪水になるか確認ができませんでした。現在借りているコンドーの周辺は雨季の季節になると洪水になりやすく1年に1、2回はコンドーの周り全部が洪水で陸の孤島化としてしまいます。

 

家賃の支払いが遅れたら遅延料金が発生するか

賃貸契約の中に家賃の支払いが遅れたら家賃の4%を払わなければいけないかどうかを確認してください。
また
コンドーに住む場合は共益費の遅延料金が取られることがあるので注意してください。


コメアオの場合、家賃の支払いが遅れたら家賃の4%を支払わなくてもいいよ。と借りる前に大家さんから言われました。諸事情で遅れて支払った事は数回ありますが遅延料金は取られていません。


ただ共益費はコンドーのアドミン(Admin)に遅れて支払いに行くと4%の遅延料金が取られてしまいます。

 

水道光熱費が家賃に含まれているか

ルームシェア(フィリピンではベッドスペースで探せます。)で借りる場合は、水道光熱費が家賃に含まれていることが多いです。

またアパートで借りる場合も水道費が家賃に含まれていることもあるので確認をしてください。


因みにコメアオは水道光熱費は別で支払っています。水道代はコンドーの共益費に含まれて光熱費はメラルコで銀行から自動引き落としで支払っています。


メラルコの電気代の支払い方法は?』でどのように支払っているかが確認できます。

公共交通機関

自家用車をお持ちの方はあまり関係はないですが、コメアオの様に自家用車を持っていないと移動はバスやジープーになります。その場合、借りる物件の近くにバスやジープニーが走っていると便利です。


フィリピンの交通手段で『フィリピンの交通手段 バス編』や『フィリピンの交通手段 ジープニー編』をテーマに詳しく書いていますのでご参照ください。

 

大家さんとの相性

部屋を決める時に大家さんとの相性が良いかも確認してください。借りる上でかなり重要です。今現在借りている大家さんはとてもいい性格で何か分からない事があった時に相談をすると親切に教えてくれます。


インターネットを契約する時もGlobeかPLDTで迷っていた時に相談をして大家さんもGlobeを使用しているという事なのでコメアオもGlobeでインターネット契約をしました。


フィリピンでインターネット契約をするのも日本とほぼ一緒で『フィリピンでインターネットの申込みから使用までの流れ』で解説しています。

 

おすすめ度

直接探す ★★★☆☆
サイトで探す(Carousell、Propati24またはLamudi等) ★★★★★

 

まとめ

✔ 日本ではあまりないですが”For Rent”と玄関に張り紙をしてある物件もフィリピンにはまだまだたくさんあるので気に入った物件があったら直接大家さんと交渉をしてください。

✔ CarousellやPropati24やLamudi等の不動産サイトでも物件を探す事ができます。この場合、検索結果を絞って探すと自分の状況にあった物件を素早く探す事ができます。

✔ 借りる時はデポジットやアドバンスや遅延料金が発生するかどうか等、契約内容をよく読んでから契約をしてください。水道光熱費は家賃に含まれているかどうか確認をしてください。

✔ 洪水になりやすい道路に面している地域の物件を借りると後々苦労します。特に雨季の時は大変なのできちんと下調べをした方が良いです。

 

またフィリピンで部屋を借りるとなると家賃の支払いが生活する上でかなりの出費となります。フィリピンで1ヶ月にどのくらいの生活費用がかかるかまとめています。


コメアオの場合は派手な生活はせずにシンプルな生活をしているので生活にかかる費用はかなり抑えられていると思っています。


関連記事:

【2020年度版】1ヶ月の生活費はフィリピンでどのくらい?

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

今回のテーマは、『フィリピンで賃貸物件の探し方』についてでした。

いかがだったでしょうか。

次回のテーマは、『フィリピンのBDOで銀行口座を開設するための必要書類は?』についてです。

 

Have a nice day!

ブログランキングに参加しています。

順位の確認はこちらからです。

↓↓↓


フィリピンランキング


今や英語は世界共通語です。フィリピンでは英語は公用語の1つとして学校で教えています。大半のフィリピン人は英語を話す事ができるので、レアジョブにはフィリピン人講師が多数在籍しています。英語を上達させるには習得したワードやセンテンスを使って話す事が大事です。
会員数50万人突破!業界No.1のオンライン英会話 「レアジョブ英会話」を見る>
スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!
>JAPAN AIRLINES

JAPAN AIRLINES



Japan Airlinesで行くフィリピンの旅。
JAL ビジネスクラスで行く、ワンランク上の空の旅。

フィリピンの観光名所マニラ、ビガン、ボホール等があり
セブ、ボラカイ、プエルトプリンセサ等のキレイなビーチがあちこちにあります。
1度訪れたらまた来たくなる国です。


CTR IMG