YouTube『フィリピンニュースチャンネル』月・木配信  ブログ『フィリピンブログ』火・金配信

【フィリピン株】シェイキーズ、2021年第1四半期の利益とゴコンウェイの参入

シェイキーズ、1Q21の利益2900万ペソ

営業成績


Shakey’s Pizza Asia Ventures Inc. (PIZZA) は、パンデミック以来、2四半期連続で黒字となり、2020年 第1四半期の純利益は2,900万ペソとなりました。税引前純利益は、前年同期比22%増の4,000万ペソとなりました。2021年第1四半期のEBITDAも前四半期比で6%増の2億4,000万ペソとなりました。

システム全体の売上高が17億ペソとなり、パンデミック前の2019年の売上高と比較して67%相当回復しました。2020年第4四半期に回復の兆しが見られたダイニング売上は、より伝染力の強い変異ウイルスへの懸念や検疫措置の厳格化により前四半期比で減少しました。

現在ビジネスの大半を占めるデリバリー・テイクアウトの売上は、第1四半期は、前年同期比で2桁の大幅な伸びを示し、好調に推移しました。

一方、PIZZAは、COVID-19のパンデミックによる外食産業への影響が主な要因で、2019年の純利益の8億6,500万ペソから2020年通期では純損失が2億5400万ペソとなりました。システム全体の売上高は、2019年の売上高の64%相当の66億ペソに達しました。

2020年のほとんどの期間、フィリピンではロックダウンが行われ、ピーク時の3月末には店舗の91%が一時閉鎖されました。しかし、その後、検疫措置は緩和され、2020年後半には店舗数が少しずつ再開しました。

直営店とフランチャイズ店の売上を合わせたシステム全体の売上は、2020年末時点で2019年の103億8,000万ペソから66億2,000万ペソに36%減少しました。連結売上高は、前年同期比36%減の53億ペソとなりました。

2020年の連結売上総利益は前年の24億1,000万ペソから61%減少して9億3,300万ペソでした。連結営業利益は、パンデミックにより、2019年の13億6,000万円から一転して、2020年は4,000万円の損失となり、マイナスに転じました。

 

財政状態

営業活動によるキャッシュフローは2億2,500万ペソの収入となりました。投資活動によるキャッシュフローは9,500万ペソ、財務活動によるキャッシュフローは4億900万ペソでした。有形固定資産の純額は、2021年3月31日時点で14億ペソでした。なお、当年度第1四半期の資本支出は4,800万ペソでした。

2021年3月31日現在、当社の有利子負債は45億ペソで、その内訳は、主に100%子会社の買収のために調達した38億ペソの長期借入とPeriの買収のために使用した有利子負債の残額、および現在進行中のCOVID-19パンデミックに関連した緊急融資の残額です。

株主資本は、前年度末の47億8,000万ペソから2,900万ペソ増加しました。2021年3月31日時点では48億1,000万ペソとなりました。この増加は、主に2021年3月期第1四半期に獲得した純利益によるものです。

PIZZAのEPS(1株当たり純利益)は、2020年第1四半期のEPSが0.07ペソでしたが、2021年第1四半期のPIZZAは0.02ペソと減少しています。2021年5月12日付での時価総額は、114億2,365万5,055.38ペソです。

 

スポンサーリンク

 

シェイキーズの拡張計画をさらに強化

ゴコンウェイファミリーの参入

Shakey’s Pizza Asia Ventures Inc (PIZZA)の取締役会は、COVID-19以降の拡張計画を強化するために、新たな戦略的投資家の参入を承認し、152,439,025株の普通株式を発行しました。

本年6月より、フィリピンで最も著名なビジネスファミリーの一つであるゴコンウェイファミリーの民間投資会社であるJEホールディングスがポーファミリーの民間持株会社であるセンチュリー・パシフィック・グループおよびシンガポール政府系ファンドとともに、当社の筆頭株主となることを決定しました。

JEホールディングスは、新規発行株式と引き換えに12億5,000万ペソを出資し、当社の株式を約9%保有することになります。その結果、PIZZAの株式を約9%保有することになります。

PIZZAの社長兼CEOであるビセンテ・グレゴリオ氏は、「ゴコンウェイファミリーの参入を楽しみにしています。新たな戦略的投資家が加わったことで、新たな資金調達と、米国との提携によるさまざまな相乗効果を最大限に活用していきたいと考えています。」と述べています。

 

取締役会のメンバーに選出

PIZZAは、COVID-19の影響で低迷していたが、売上、利益ともに回復してきています。マクロ経済環境の不確実性が続いているにもかかわらず、当社は現在、最終損益を黒字化し、安定した現金収入を得ています。

7月の株主総会では、JEホールディングスの会長兼社長であるランス・ゴコンウェイ氏が、9席の取締役会のメンバーに選出される予定です。

ゴコンウェイ氏は、「私は常にShakey’sブランドのファンであり、取締役会と経営陣の両方と協力して、当社の事業をさらに発展させることを楽しみにしています。」と述べています。

PIZZAの取締役会長であるクリストファー・ポー氏は、「現在のバランスシートは健全であるが、新たな資本が加わることで、当社の財務基盤がさらに強化されることを期待しています。」と述べました。

 

スポンサーリンク

 

シェイキーズの株価

企業名: Shakey’s Pizza Asia Ventures, Inc. (PIZZA)
セクター: 産業
サブセクター: 食品・飲料・たばこ
EPS: 0.02ペソ
PE: 19.0
時価総額: 114億2,365万5,055.38ペソ(2021年5月12日付)

PIZZAは、フィリピンにおけるShakey’s Pizza Restaurant事業の独占的フランチャイズ保有者であり、自社所有のShakey’s店舗を開発したり、国内の他の事業体にShakey’sブランドをサブライセンスするライセンスを有しています。2019年6月、PIZZAは、フィリピンの新興ファストカジュアル・フルサービスレストランブランドであるPeri-Peri Charcoal Chickenを買収しました。

まとめ

・2021年第1四半期の連結売上高は 16億7,100万ペソで前年同期比 28%減です。
・2021年第1四半期の営業利益は1億9,500万ペソで前年同期比44%減です。
・2021年第1四半期のEBITDAは2億4,000万ペソで前年同期比31%減です。
・2021年第1四半期の純利益は12億8,100万ペソで前年同期比30%減です。
・2021年第1四半期のEPSは0.02ペソです。
・2021年5月12日付での時価総額は、114億2,365万5,055.38ペソです。

 

関連記事:
フィリピンでフランチャイズの開業費用はどのくらいかかるの?

 


今や英語は世界共通語です。フィリピンでは英語は公用語の1つとして学校で教えています。大半のフィリピン人は英語を話す事ができるので、レアジョブにはフィリピン人講師が多数在籍しています。英語を上達させるには習得したワードやセンテンスを使って話す事が大事です。
会員数50万人突破!業界No.1のオンライン英会話 「レアジョブ英会話」を見る>
スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!
>JAPAN AIRLINES

JAPAN AIRLINES



Japan Airlinesで行くフィリピンの旅。
JAL ビジネスクラスで行く、ワンランク上の空の旅。

フィリピンの観光名所マニラ、ビガン、ボホール等があり
セブ、ボラカイ、プエルトプリンセサ等のキレイなビーチがあちこちにあります。
1度訪れたらまた来たくなる国です。


CTR IMG