YouTube『フィリピンニュースチャンネル』月・木配信  ブログ『フィリピンブログ』火・金配信

【フィリピン株】ジョリビー、損失から一転利益に

 

ジョリビー、2021年第1四半期の純利益は109.1%増


Jollibee Foods Corp. (JFC) は2020年第1四半期の親会社株主に帰属する当期純損失の16億7,600万ペソから109.1%増となる2021年第1四半期の親会社株主に帰属する当期純利益は1億5,300万ペソとなりました。2021年第1四半期の営業利益は14億8,600万ペソで、前年同期の11億6,800万ペソの営業損失から大幅に回復しました。

営業キャッシュフローの近似値であるEBITDA(利払い前、税引き前、減価償却前の利益)は、2020年第1四半期の28億900万ペソから、2021年第1四半期には51億6,600万ペソへとほぼ倍増しました。JFC の連結売上高は、前年同期比 13.4%減の551億5,100万ペソから 2021 年第1四半期は 477 億8,200万ペソとなりました。2021年の売上高が減少したにもかかわらず、利益およびキャッシュフローの改善が達成されています。

フィリピン事業の売上高は21.3%減少しましたが、海外事業の売上高は1.3%増加しました。2019年第1四半期またはパンデミック前の水準と比較すると、売上高はフィリピンで28.5%減少しています。

JFCの最高経営責任者であるタンマンティオン氏は、「海外での事業のほとんどが、パンデミック前の水準の売上に達しています。フィリピンでは、パンデミックに関連した規制が続いており、大きな課題に直面していますが、今後、フィリピン事業の力強い回復と、海外事業のさらなる売上・利益の拡大を期待しています。」と述べました。

インフレ率の上昇による影響を一部相殺するために、2020年第4四半期および2021年第1四半期に販売価格の調整を実施しました。一般管理費は、事業変革プログラムによるコスト削減により、前年比16.7%の減少となりました。フィリピンのオフィス従業員の在宅勤務が続いたため、サポートグループのオフィス費用がさらに減少しました。

JFCのEPS(1株当たり純利益)は、2020年第1四半期のEPSが-1.532ペソでしたが、2021年第1四半期のEPSは0.139ペソと改善しています。2021年5月12日付での時価総額は、1,938億5,642万3,250.00ペソです。

 

スポンサーリンク

 

The Coffee Bean & Tea Leaf

CBTLは過去5ヶ月間で顕著な収益改善を示し、当四半期の最後の2ヶ月間では若干の営業利益を出しました。これは、昨年の大きな損失からの大きな変化です。米国における一般管理費の大幅な削減および不採算店舗の閉鎖、シンガポールおよびマレーシアにおける売上と利益の大幅な回復が、米国、フィリピン、韓国における売上の回復の遅れを補いました。CBTLの次のフェーズは、シンガポールとマレーシアの店舗網拡大を皮切りに、収益性の高い成長に注力することです。

 

Smashburger

スマッシュバーガーは、大幅な財務改善を達成しています。2021年第1四半期の営業損失は、前年同期の営業損失の3分の1に相当し、2021年3月の営業損失は、前年同月の14.1%に過ぎません。スマッシュバーガーの売上は、2021年2月に米国東海岸で発生した激しい吹雪の影響を受けましたが、2021年3月の米国における直営店の同月売上高の伸びは、前年同月比58.7%(対2019年3月31.9%)、従来のフランチャイズ店は前年同月比62.0%(対2019年1.1%)でした。スマッシュバーガーの業績は、今後数ヶ月のうちに黒字化に向けて大きく改善していくことが予想されます。

 

ジョリビーグループの店舗数

JFCグループは、第1四半期に79店舗を新規出店しました。フィリピンで19店舗、中国で12店舗、 北米で8店舗、ヨーロッパ・中東・アフリカで1店舗 。SuperFoodsは24店舗、CBTLは15店舗となっています。JFCはアジア最大級のフードサービス企業であり、33ヶ国に17のブランドを展開しています。

2021年3月31日現在、JFCは全世界で5,827店舗を展開しています。海外では、中国に386店舗、北米に347店舗、ヨーロッパ・中東・アフリカに268店舗、SuperFoodsとの提携でベトナムに542店舗、CBTLは1,066店舗を展開しています。

最大のブランドは、Jollibeeの1,487店舗で、Coffee Bean & Tea Leaf は1,066店舗、Chowkingは618店舗、Mang Inasalは588店舗、Highlands Coffeeは482店舗となっています。

 

スポンサーリンク

 

ジョリビーの銘柄ミニ情報

企業名:Jollibee Foods Corporation (JFC)
セクター: 産業
サブセクター: 食品・飲料・たばこ
EPS:0.139ペソ
PE:28.945
時価総額: 1,938億5,642万3,250.00(2021年5月12日付)

JFCは1978年1月11日に設立され、「Jollibee」、「Chowking」、「Greenwich」、「Red Ribbon」、「Yong He King」、「Hong Zhuang Yuan」、「Mang Inasal」、「Burger King」、「Highlands Coffee」、「PHO24」、「Hard Rock Café」、「Dunkin’ Donuts」、「Smashburger」、「Tim Ho Wan」、「Tortas Frontera」、「The Coffee Bean & Tea Leaf」、「Panda Express」などの商品名で展開するクイックサービスレストラン(QSR)の開発、運営、フランチャイズ事業を行っています。JFCのその他の活動には、QSRシステムをサポートする製造業や不動産賃貸業などがあります。

 

まとめ

・2021年第1四半期の連結売上高は 477億8,200万ペソで前年同期比 13.4%減です。
・2021年第1四半期の営業利益は14億8,600万ペソで前年同期比227.2%増です。
・2021年第1四半期のEBITDAは51億6,600万ペソで前年同期比83.9%増です。
・2021年第1四半期の純利益は1億5,300万ペソで前年同期比109.1%増です。
・2021年第1四半期のEPSは0.139ペソです。
・2021年5月12日付での時価総額は、1,938億5,642万3,250.00ペソです。

 

関連記事:
【JFC】フィリピンで人気があるジョリビーの株

フィリピンで大人気 ジョリビー
フィリピンでフランチャイズの開業費用はどのくらいかかるの?


今や英語は世界共通語です。フィリピンでは英語は公用語の1つとして学校で教えています。大半のフィリピン人は英語を話す事ができるので、レアジョブにはフィリピン人講師が多数在籍しています。英語を上達させるには習得したワードやセンテンスを使って話す事が大事です。
会員数50万人突破!業界No.1のオンライン英会話 「レアジョブ英会話」を見る>
スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!
>JAPAN AIRLINES

JAPAN AIRLINES



Japan Airlinesで行くフィリピンの旅。
JAL ビジネスクラスで行く、ワンランク上の空の旅。

フィリピンの観光名所マニラ、ビガン、ボホール等があり
セブ、ボラカイ、プエルトプリンセサ等のキレイなビーチがあちこちにあります。
1度訪れたらまた来たくなる国です。


CTR IMG