YouTube『フィリピンニュースチャンネル』月・木配信  ブログ『フィリピンブログ』火・金配信

【フィリピン株】GT Capitalの2020年度と2021年第1四半期の決算

GT Capitalの組織図

2020年12月31日時点でのGT Capitalの組織図は以下の通りです。

GT Capitalの2020年度の決算


GT Capital Holdings, Inc. (GTCAP)の2020年の親会社株主に帰属する当期純利益は、2019年の203億1,000万ペソから68%減の65億5,000万ペソとなりました。

主な減少要因は、連結売上高が40%減少したことであり、そのうち自動車販売台数が41%減少したことや、パンデミックの影響で持分法による投資利益が56%減少したことなどが挙げられます。

 

純利益

関連会社および合弁会社の純利益は、2019年の145億8,000万ペソから、2020年には63億6,000万ペソへと56%減少しました。

Metropolitan Bank and Trust Company (MBT)は、前年同期の280億6,000万ペソから130億3,000万ペソに50%減少しました。

パンデミックに伴うリスクに備えるための積極的な対策の結果、貸倒引当金繰入額が大幅に増加したためです。

Metro Pacific Investments Corporation (MPIC)は、検疫の影響で国内の有料道路の通行量が減少したため、前年同期の238億6,000万ペソから47億5,000万ペソへと80%減少しました。

これは、検疫の影響により、国内および地域の有料道路の通行量が減少したこと、鉄道事業の停止とそれに伴う利用者数の減少、電力・水事業における商業・産業用需要の減少によるものです。

Toyota Financial Services Philippines Corporation (TFSPC)は、貸倒引当金繰入額が大幅に増加したことにより、5億8,000万ペソから1億3,000万ペソへと77%減少しました。

 

費用・経費

連結費用・経費は、2019年の1,965.9億円から2020年には1,241.0億円と37%減少しました。

Toyota Motor Philippines Corporation (TMP)は、製造および売買活動のための売上原価、一般管理費および支払利息からなる957億9,000万ペソを拠出しました。

Toyota Manila Bay Corporation (TMBC)は、商品およびサービスの売上原価、一般管理費、支払利息からなる132億9,000万ペソを拠出しました。

Federal Landは、不動産販売原価、商品・サービス販売原価、一般管理費、賃借料、支払利息からなる80億ペソを拠出しました。

親会社のGT Capitalは、不動産販売原価、支払利息、一般管理費からなる60億ペソを拠出しました。

 

資産と負債

連結資産は、2019年12月31日時点の3,576億5,000万ペソから273億3,000万ペソの8%増加して2020年12月31日時点では3,849億8,000万ペソとなりました。

負債合計は2019年12月31日時点の1,683億3,000万ペソから244億6,000万ペソの15%増加して、1,920億8,000万ペソとなりました。

 

スポンサーリンク

 

GTCAPの主な構成会社の2020年度の業績

銀行:Metropolitan Bank and Trust Company (MBT)

MBTの連結純利益は、2019年の281億ペソから2020年には138億ペソへと50.7%減少しました。

これは、主に2020年に計上された信用損失および減損損失の引当金が408億ペソに達したことによるものです。

純利息収入は、2019年の770億ペソから2020年の861億ペソへと11.8%増加し、営業利益全体の71.0%を占めています。

CASA預金は1兆1, 000億ペソから1兆3,000億ペソへと21.7%増加し、その結果としてCASA比率は2019年の62.9%から2020年には預金総額の73.0%に改善しました。

総資産は、2019年12月31日時点の2兆4,500億ペソから2020年12月31日時点の2兆4,600億ペソへと0.2%の微増となりました。

 

不動産開発:Federal Land, Inc.

Federal Landの予約販売は、2020年に142億ペソとなり、2019年の242億ペソから減少しました。

不動産売上高は34.3%、収益は29.7%の減少となりましたが、これは、地域社会の検疫制限に起因するプロジェクトの建設および販売の取り込みの鈍化や、バヤニハン法を支援するための株式回収の遅れによるものです。

総資産は、2019年12月31日時点の923億ペソから、2020年12月31日時点の1,094億ペソに増加しました。

 

自動車組立:Toyota Motor Philippines (TMP)

TMPの連結売上高は、2019年の1,686億ペソから2020年には998億ペソに減少したが、これは卸売台数が163,493台から97,863台へと40.1%減少したためです。

TMPの全体的な業績は、2020年に発生したタール火山の噴火と検疫措置による影響を受けたためです。自動車需要の減少により、純利益は2019年の91億ペソから2020年の33億ペソに減少しました。

 

生命保険・損害保険:Philippine AXA Life Insurance Corporation and Subsidiary (AXA Philippines)

生命保険の新契約は、2019年の68億ペソから2020年には52億ペソへと23.6%減少しました。

生命保険の新規契約は、2019年の68億ペソから2020年には52億ペソへと23.6%減少しました。

これは、通常払込保険料が36.3%減少したことによるものですが、一時払保険料が55.3%増加したことで一部相殺されました。

連結純利益は、2019年の24億ペソから2020年の29億ペソへと22.4%増加しました。

 

インフラストラクチャと公共サービス:Metro Pacific Investments Corporation (MPIC)

連結営業コア利益におけるMPICのシェアは、2019年の209億ペソから2014年の154億ペソへと26%減少しました。

これは、有料道路の交通量の減少、商用・工業用の電力・水需要の減少、ライトレールサービスの停止に伴い利用者数が減少、検疫規制による経済の縮小が主な原因です。

純利益は、2019年の239億ペソから47億ペソへと80%減少しました。

 

GT Capitalの2021年第1四半期の決算

GT Capital Holdings, Inc. (GTCAP)の2021年第1四半期の親会社株主に帰属する当期純利益は、2020年第1四半期の25億4,000万ペソから、40億7,000万ペソへと60%増加しました。

これは主に、連結売上高が16%増加したことによるもので、自動車販売台数の増加(18%増)、持分法による投資利益の増加(50%増)が主な要因です。

持分法による投資利益は、2020年第1四半期の26億8,000万ペソから、2021年同期には40億1,000万ペソと50%増加しました。

MBTは、貸倒引当金繰入額が大幅に減少したことにより、61億2,000万ペソから27%増の77億8,000万ペソとなりました。MPIC は、2021 年第 1 四半期に 18億9,000万ペソから 70 億ペソへと 272%増加しました。

連結費用・経費は、2020年第1四半期の349億7,000万ペソから、2021年同期には395億8,000万ペソへと13%増加しました。

TMPは313億9,000万ペソを拠出しました。TMBCは37億8,000万ペソを拠出しました。

Federal Landは19億2,000万ペソを拠出しました。親会社のGT Capitalは12億ペソを拠出しました。

 

スポンサーリンク

 

GTCAPの主な構成会社の2021年第1四半期の業績

銀行:Metropolitan Bank and Trust Company (MBT)

MBTの連結純利益は、2020年第1四半期の61億ペソから2021年第1四半期の78億ペソへと27.1%増加しました。

しかし、純利息収入は 11.1%減少しました。これは主に、貸付金および債権からの利息収入が減少したことにより、純金 利率が4.06%から3.52%に低下したことによるものです。

 

不動産開発:Federal Land, Inc.

Federal Landの予約販売は、2021年第1四半期に35億ペソとなり、パンデミック前の高水準であった2020年第1四半期の79億ペソから減少しました。

しかし、不動産需要が徐々に回復していることから、2020年第4四半期比では20.1%の増加となりました。

総資産は、2020年12月31日時点の1,094億ペソから、2021年3月31日時点では1,086億ペソとなりました。

 

自動車組立:Toyota Motor Philippines (TMP)

TMPは、卸売台数が25,636台から33,574台へと31.0%増加したことにより、TMPの連結売上高は2020年第1四半期の288億ペソから339億ペソへと増加しました。

TMPの小売販売台数は、25,696台から33,095台へと28.8%増加しました。

 

生命保険・損害保険:Philippine AXA Life Insurance Corporation and Subsidiary (AXA Philippines)

生命保険の新契約は、2020 年第 1 四半期の 15 億ペソから 2021 年第 1 四半期には 18 億ペソとなり14.0%増加しました。

これは、通常払込保険料が 8.4%減少したものの、特にドル建てファンドのバーゲンハンティングにより、一時払保険料が 86.2%と大幅に増加したことによるものです。

 

インフラストラクチャと公共サービス:Metro Pacific Investments Corporation (MPIC)

MPIC の連結営業利益に占める割合は、主に 商業用および産業用の電力・水需要の減少、COVID-19 パンデミックによる経済の縮小により、2020 年第 1 四半期の 47 億ペソから 2021 年第 1 四半期は 38 億ペソへと 19%減少しました。

 

GTCAPの株価

企業名: GT Capital Holdings, Inc. (GTCAP)
セクター: 持株会社
サブセクター: 持株会社
EPS: 27.67ペソ
時価総額: 1,208億8,229万5,600.50ペソ(2021年5月27日付)

GTCAPは、2007年7月26日に持株会社として設立されました。銀行業務、自動車組立、輸入、流通・金融、不動産開発、生命保険・損害保険、インフラ・公益事業などの事業を行っています。

GTCAPの週足チャートを見ると、50週移動平均線(オレンジの線)がサポートとなって3週連続で上昇をしていて今週は20週移動平均線(緑の線)もブレイクしました。

またRSIが上を向いておりMACDの青い線が赤い線を下から上に突き抜けたのでトレンドが反転する良いシグナルが現れました。株価の500ペソがサポートで、650ペソがレジスタンスとなっています。

 

まとめ

GTCAPはTMPの工場はラグナ州のサンタロサにあり2020年1月のタール火山の噴火、3月からのロックダウン、MPICは検疫の影響で国内の有料道路の通行量が減少とパンデミックによる検疫規制の影響をまともに受けておりGTCAP の2020年の純利益は前年比67.8%減となっています。

また負債総額は2018年から2019年は4.8%減となったものの2019年から2020年にかけて14.5%増となっています。

しかし2021年第1四半期の業績は昨年末から検疫規制が緩和されたため、自動車販売台数が18%増となるなど業績が僅かに回復しています。

現在、タール火山が活発化している懸念はあるもののNCRプラス((メトロマニラ、ラグナ、リサール、ブラカン、カビテ)の検疫規制がより一層緩和されれば業績も上向きになると考えられます。


今や英語は世界共通語です。フィリピンでは英語は公用語の1つとして学校で教えています。大半のフィリピン人は英語を話す事ができるので、レアジョブにはフィリピン人講師が多数在籍しています。英語を上達させるには習得したワードやセンテンスを使って話す事が大事です。
会員数50万人突破!業界No.1のオンライン英会話 「レアジョブ英会話」を見る>
スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!
>JAPAN AIRLINES

JAPAN AIRLINES



Japan Airlinesで行くフィリピンの旅。
JAL ビジネスクラスで行く、ワンランク上の空の旅。

フィリピンの観光名所マニラ、ビガン、ボホール等があり
セブ、ボラカイ、プエルトプリンセサ等のキレイなビーチがあちこちにあります。
1度訪れたらまた来たくなる国です。


CTR IMG