YouTube『フィリピンニュースチャンネル』月・木配信  ブログ『フィリピンブログ』火・金配信

【フィリピン株】MegaworldがREIT のIPOに向けて準備

 

MREIT, Inc. のIPO情報

Megaworld Corporation (MEG)は2021年6月16日、子会社であるMREIT, Inc. (MREIT) が、フィリピンで最大級となる不動産投資信託(REIT)の新規公開株 (IPO)に向けて証券取引委員会に登録書を提出したと発表しました。証券取引所への開示の中で、今回の募集では、最大273億ペソの調達を予定しています。

MREIT, Inc.は、1株あたり最大22.00ペソで、最大12億3,970万株の普通株式の流通を計画しています。オーバーアロットメントオプションが完全に行使された場合、これまでにフィリピンで行われたREITの募集としては最大規模となります。これはMREIT, Inc.の発行済み株式数の49.0%に相当します。

株式交換により、MegaworldはMREIT, Inc.に、3つの場所にある総賃貸面積224,430.80平方メートルのオフィス、小売、ホテルの資産10件のポートフォリオを組み入れました。ケソン市のイーストウッド・シティ、タギッグ市のマッキンリー・ヒル、イロイロ市のマンデュリアオにあるイロイロ・ビジネス・パークです。

またLeechiu Property Consultantsによると、Megaworldは現在、フィリピンの主要10都市で約140万平方メートルの賃貸可能なオフィスビルを保有しています。

ジョイント・グローバル・コーディネーター
BDO Capital & Investment Corporation (BDO Capital)
Credit Suisse (Singapore) Ltd.
UBS AG Singapore Branch
DBS Bank Ltd.

国内主幹事
BDO Capital

 

スポンサーリンク

 

フィリピンのREIT

現在、フィリピン証券取引所 (PSE)に上場しているREITは2社です。

新規公開株の募集時
AREIT Inc.
提示価格: 1株あたり27ペソ
調達金額: 136億ペソ
普通株式: 4億5,688万株
オーバーアロットメントオプション:  4,568万株
時価総額: 374億3,645万9,877.50ペソ (2021年6月17日付け)
総賃貸面積: 34万4,000平方メートル 

DDMP REIT Inc.
提示価格: 1株あたり2.25ペソ
調達金額: 147億ペソ
普通株式: 59億4,000万株
オーバーアロットメントオプション:  5億9,424万株
時価総額: 369億285万3,390.42ペソ (2021年6月17日付け)
総賃貸面積: 28万平方メートル 

今後、フィリピン証券取引所 (PSE)に上場予定しているREITはMREIT, Inc.を含め3社です。

MREIT, Inc.
提示予定価格: 1株あたり22.00ペソ
調達予定金額: 273億ペソ
普通株式: 12億3900万株
総賃貸面積: 22万4,430.80平方メートル

Robinsons Land Corp.のRL Commercial REIT Inc.
提示予定価格: 1株あたり7.31ペソ
調達予定金額: 267億ペソ
普通株式: 33億株
オーバーアロットメントオプション:  3億500万株
総賃貸面積: 40万平方メートル

Filinvest Land, Inc.のFilinvest REIT Corp.
提示予定価格: 1株あたり8.30ペソ
調達予定金額: 148億ペソ
普通株式: 16億株
オーバーアロットメントオプション: 1億6,341万8,000株
総賃貸面積: 30万1,362平方メートル

 

MEGの株価

企業名: Megaworld Corporation (MEG)
セクター: 不動産
サブセクター: 不動産
EPS:  0.29ペソ
時価総額:1,045億1,703万8,860.16ペソ (2021年6月17日付け)

MEGは、1989年8月24日に不動産の開発、リース、マーケティングを目的として設立されました。会社設立以来、当社および関連会社は、約722棟の住宅、70棟のオフィスタワー、24のライフスタイルモール、およびコンドミニアムを含む11のホテルブランドを立ち上げました。
 
Megaworld Corporation (MEG)は、2020年の親会社の株主に帰属する純利益は99億ペソの純利益でしたが、同社のオフィスリース事業が上昇したにもかかわらず、約45%減少しました。売上高は435億ペソとなり、前年の673億ペソから35%減少しました。純利益は、前年の193億ペソから45%減の106億ペソとなりました。

2021年第1四半期の親会社の株主に帰属する純利益は、前年同期の35億ペソから33%減の24億ペソになりました。売上高は2020年同期の144億ペソに101億ペソに減少しました。不動産売上高は59億ペソで、前年同期比39%減となりました。

予約売上高は、前四半期比16%増の207億ペソとなり、前年同期の205億ペソをわずかに上回りました。賃貸収入は、前年同期の42億ペソに対し、当四半期は27%減の31億ペソとなりました。ホテルの売上は、旅行規制の影響により、前年同期の5億5,100万ペソから39%減の3億3,500万ペソとなりました。


MEGの週足チャートは20週移動平均線(緑の線)と50週移動平均線(オレンジの線)がデッドクロスをしています。MACDは青い線が赤い線を下から上にクロスグレードしそうな勢いです。RSIは横を向いています。株価のサポートラインは2.60ペソ、レジスタンスは3.76ペソです。

 

まとめ

MREIT Inc.はオーバーアロットメントオプションが行使された場合、フィリピンで最大級となるREITのIPOになる可能性があります。ケソン市のイーストウッド・シティ、タギッグ市のマッキンリー・ヒルなどフィリピン国内有数のビジネス街にオフィスを所有しています。

Megaworldのテナントの大半がBPOです。BPOやコールセンターがパンデミックの中でも需要を伸ばしたことからパンデミック後はさらに需要が加速すると見ています。このことからMREIT Inc.は魅力のある銘柄になりそうです。


今や英語は世界共通語です。フィリピンでは英語は公用語の1つとして学校で教えています。大半のフィリピン人は英語を話す事ができるので、レアジョブにはフィリピン人講師が多数在籍しています。英語を上達させるには習得したワードやセンテンスを使って話す事が大事です。
会員数50万人突破!業界No.1のオンライン英会話 「レアジョブ英会話」を見る>
スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!
>JAPAN AIRLINES

JAPAN AIRLINES



Japan Airlinesで行くフィリピンの旅。
JAL ビジネスクラスで行く、ワンランク上の空の旅。

フィリピンの観光名所マニラ、ビガン、ボホール等があり
セブ、ボラカイ、プエルトプリンセサ等のキレイなビーチがあちこちにあります。
1度訪れたらまた来たくなる国です。


CTR IMG