YouTube『フィリピンニュースチャンネル』月・木配信  ブログ『フィリピンブログ』火・金配信

フィリピンで日本語学校を始めた時にかかった費用はいくら?

こんにちは。コメアオです。


今回のブログのテーマは、
フィリピンで日本語学校を始めた時にかかった費用はいくら?についてです。


日本のアニメや漫画はクオリティが高くたくさんの名作があります。また日本のドラマが好きな外国人もいるし日本の文化が好きな外国人もいます。その日本のアニメやドラマを通して日本語を勉強したいと思う外国人はたくさんいます。


フィリピンにも日本のアニメや漫画を知っている人達はたくさんいます。2007年にフィリピンに来た当初朝の番組でドラえもんのタガログ語の吹き替え版を放送していたのを覚えています。


フィリピンでは2007年頃はDVD1枚の値段は150ペソから250ペソで売っていました。DVDは高いので30ペソから40ペソで買える海賊版DVDがたくさん出回っていました。その当時人気のあった日本のドラマのDVDもフィリピンで数多く売っていました。フィリピンで日本の文化に触れる機会があったりするので日本に行って働きたいと思うフィリピン人はたくさんいます。


日本の初給料は約20万円から約25万円ですがフィリピンの初給料は約1万5千ペソから約2万5千ペソで日本円にすると約3万円から約5万円です。フィリピンから日本を見たらまだまだ日本は憧れの国です。DVDでアニメやドラマを見ながら日本に興味を持ち日本語を勉強したいと思っているフィリピン人は国内にたくさんいます。


そうした理由や事情が重なり日本語学校をフィリピンに作ろうと思い2008年に設立しました。2008年当時なので現在と物価が若干違いますが参考にしてください。出来る限り良い学校にしようと手間ひまかけていますがコメアオの予算の範囲内で設立しています。

 

素人コメアオ
フィリピンは日本の物価の5分の1ぐらいだけどどのくらいの費用でできるんだろうね。

 

玄人コメアオ
費用は参考程度にしてくださいね。

 

ではコメアオがフィリピンで日本語学校を作った時にかかった費用を早速見ていきましょう。

 

オフィス

家賃

オフィスはマカティ市のグアダルーペ駅周辺やパサイ市のヒルプヤット駅周辺のオフィス等を見ましたがいろいろな観点からマカティ市のサルセド地区内のオフィスビルの1室を借りました。


家賃は2008年当時で1ヶ月約2万ペソ (日本円で約4万円)で、2ヶ月分の前払い金と2ヶ月の敷金を払い、
オフィスを借りる時に支払った費用は約8万ペソです。


フィリピンで日本語学校を始めた理由等をまとめてありますのでご参照ください。

関連記事:
フィリピンで日本語学校 3年

 

工事費

借りたオフィス内に2つのクラスを作ろうと考えたのでフリーランサーの大工さん2人にオフィス内に仕切りを作ってもらいました。


2008年当時、400ペソと300ペソをそれぞれ日当として支払いました。工事期間は18日かかったので全部で12,600ペソ支払いました。
工事にかかった材料費はベニヤ板やペンキ等で約10,000ペソです。

 

オフィス家具・用品

オフィス家具は机や椅子やテーブル等をマカティで購入しました。机と椅子共に約1,500ペソで2式購入したので約6,000ペソでテーブルは約2,000ペソでした。


またホワイトボードが約2,500ペソで2式購入しました。プリンターは約5,000ペソかかっています。その他にもオフィスや日本語クラスで使う備品のプリンター用紙やマーカーペン等を購入しています。


フィリピンでは生徒達が座る椅子には小さな机が付いています。日本みたいに机と椅子がそれぞれ離れていません。生徒達が座る椅子はマニラ市パコ地区で少し安くしてもらい1脚700ペソで全部で6脚購入したので4,200ペソ支払いました。


オフィス家具とオフィス用品の費用は約25,000ペソかかっています。

 

スポンサーリンク

 

アパート

マカティ市のポブラシオン地区にコメアオが寝泊まりするスタジオタイプのアパートを借りました。スタジオタイプは日本で言う1Kの間取りでベッドルームはありません。


家賃は2008年当時で1ヶ月7千ペソ(日本円で約1万4千円)で、1ヶ月分の前払い金と1ヶ月の敷金を払い、
アパートを借りる時に1万4千万ペソ支払いました。


フィリピンで賃貸物件を探す方法をまとめてありますのでご参照ください。

関連記事:
フィリピンで賃貸物件の探し方

 

合計金額

オフィスの家賃 80,000ペソ

大工さんの日当合計 12,600ペソ

材料費 10,000ペソ

オフィス家具・用品 25,000ペソ

アパート 14,000ペソ

合計 141,600ペソ

日本円で約283,200円です。

 

素人コメアオ
高いと見るか安いと見るかは予算によって変わってくると思うね。

 

玄人コメアオ
費用は安く抑えたと思うけどあくまでも参考程度にしてください。

 

まとめ

今回は会社の登録等にかかった費用やオフィスを探したりオフィス家具を買いに行ったりした時の交通費等は省いています。

登録費用や交通費を合わせると日本語学校を始めた時に約150,000ペソ(日本円で約30万円)はかかっています。この当時コメアオができる精一杯の範囲でやっていて費用を大分抑えてこの金額です。

フィリピンにある他の日本語学校と比べると恐らくゼロが1つ足りないぐらいの費用だと思います。これからフィリピンで日本語学校を作ろうと思っている方の参考になれば嬉しいです。

 

日本語教師になる為にはについて詳しくまとめてありますのでご参照ください。

関連記事:
フィリピンで日本語教師 14年

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

今回のテーマは、フィリピンで日本語学校を始めた時にかかった費用はいくら?についてでした。

いかがだったでしょうか。

次回のテーマは、フィリピンに年金や退職金の制度はあるの?についてです。

 

Have a nice day!

ブログランキングに参加しています。

順位の確認はこちらからです。

↓ ↓ ↓


今や英語は世界共通語です。フィリピンでは英語は公用語の1つとして学校で教えています。大半のフィリピン人は英語を話す事ができるので、レアジョブにはフィリピン人講師が多数在籍しています。英語を上達させるには習得したワードやセンテンスを使って話す事が大事です。
会員数50万人突破!業界No.1のオンライン英会話 「レアジョブ英会話」を見る>
スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!
>JAPAN AIRLINES

JAPAN AIRLINES



Japan Airlinesで行くフィリピンの旅。
JAL ビジネスクラスで行く、ワンランク上の空の旅。

フィリピンの観光名所マニラ、ビガン、ボホール等があり
セブ、ボラカイ、プエルトプリンセサ等のキレイなビーチがあちこちにあります。
1度訪れたらまた来たくなる国です。


CTR IMG