YouTube『フィリピンニュースチャンネル』月・木配信  ブログ『フィリピンブログ』火・金配信

フィリピンでG-SHOCKの電池が切れた場合は?

こんにちは。コメアオです。


今回のブログのテーマは、『フィリピンでG-SHOCKの電池が切れた場合は?』についてです。


G-SHOCKは世界的に人気のある時計でフィリピンでも大人気の時計です。G-SHOCKは
ご存知の通り耐久性に強く落としてもぶつけても多少の事なら壊れる心配がありません。また防水機能が優れているのでプールでもG-SHOCKをつけたまま泳ぐ事ができ、雨に濡れたぐらいでは壊れる心配は要らないので多くの方がこのG-SHOCKを愛用しています。


ちょっとやそっとの事では壊れる心配性のないG-SHOCKですが電池だけは寿命があり止まってしまったら交換をしなくてはいけません。日本ではG-SHOCKの電池の交換が必要な場合は、CASIO 修理サービス受付窓口で受け付けてくれます。


フィリピンではどうなのか?コメアオが使用していたG-SHOCKの電池が切れてしまいいろいろと知らべましたがフィリピンにはCASIOが行っている修理サービスの受付窓口はありませんでした。

 

素人コメアオ
修理してくれる所が無いと困るよね。

 

玄人コメアオ
修理サービスが無いと新しいG-SHOCKの購入も検討しなくちゃいけなくなるからね。


フィリピンでG-SHOCKの電池が無くなってしまったらどこで電池を交換したらいいかについてまとめましたので早速見ていきましょう。

 

G-SHOCK

フィリピン

G-SHOCKは値段が手頃なのから高いものまで数多く種類が発売されていてフィリピンではG-SHOCKやBABY-Gの時計は高校生ぐらいから大人、老若男女問わずどの年齢層からも人気があり多く人が付けています。


フィリピンだけでなく他の国でも同じ光景だと思いますが、誕生日プレゼントやクリスマスプレゼントのギフトととしても人気があり、
特にクリスマスシーズンの時はデパートのG-SHOCKやBABY-Gのショーケースの前に多くの人がどれにしようかいろんな種類を見比べています。


フィリピンでCASIOの公式ストアは現在全部で8つあります。G-SHOCK PHILIPPINESで確認ができます。G-SHOCKやBABY-Gは
たくさんの種類が発売されているので、気に入った形やデザインを見つける事ができると思います。フィリピンではG-SHOCKは約4,000ペソから約12,000ペソで購入する事が可能です。

 

電池寿命は何年?

G-SHOCKの電池の寿命は約3年から約5年ぐらいでなくなるので電池交換が必要になります。


現在コメアオが使用しているG-SHOCKは2013年2月から使用していましたが2017年12月に時計の針が止まってしまいました。しかしながら約5年弱使用する事ができました。


フィリピンにはCASIOが行っている修理サービスの受付窓口が無いので新しいG-SHOCKの購入の検討もしました。しかし新しいのを購入するとなると自分が欲しい形やデザインのものが約6,000ペソから約8,000ペソぐらいかかってしまいます。


約6,000ペソから約8,000ペソの出費は痛く約5年も使用していれば愛着がわいてくるので新品を買わずに
電池交換をする事に決めましたがフィリピンのどこに電池の切れたG-SHOCKを持って行っていいか分かりませんでした。


いろいろとインターネットで調べて行き着いた所が、『TIME DEPOT』というフィリピンで人気の時計のお店でした。

 

スポンサーリンク

 

TIME DEPOT

店舗

TIMEDEPOT Brands』ではG-SHOCKやBABY-G以外のブランドの時計も取り扱っています。


TIME DEPOT SERVICE CENTER
ではメトロマニラ市内だと10店舗以上ありますが修理は下記店舗で受け付けてくれます。

Power Plant Mall
3/F Rockwell, Makati City
Phone: (+632)­ 7625-2715

SM The Block
4/F SM The Block North Edsa, Quezon City
Phone: (+632)­ 8442-0069

SM Mall of Asia
2/F Entertainment Mall, Pasay City
Phone: (+632)­ 8556-0652

Robinsons Galleria
3/F Robinsons Galleria, Quezon City
Phone: (+632)­ 8251-3710


回はSM Mall of Asia の2階にある『Time Depot』のお店に電池が無くなったG-SHOCKを持って行きました。

 

修理期間

SM Mall of Asiaに持っていったのが12月末で混んでいたのか、「修理期間は3週間かかります。」とお店の人に言われました。


電池交換はネジを外して簡単にできると思っていましたが、防水機能とか付いているので素人のコメアオには分からない技術がいるのかなと思いました。
日本でG-SHOCKの電池交換をやったことがないしフィリピンで初めての電池交換なのでこの3週間という期間は長いのか短いのか分かりません。

 

費用 

電池交換費用は370ペソ (日本円で約740円)でした。


フィリピンでG-SHOCKを新品購入すると約4,000ペソから約12,000ペソぐらいするので、即決で電池の交換修理を頼みました。電池交換に出すと領収書をくれてG-SHOCKを受け取る時にこの領収書が必要になるので失くさない様に保管をしてください。

 

交換電池の保証期間

年が明けて2018年の1月中旬頃に領収書を持って行き無事に電池交換されたG-SHOCKを受け取りました。


交換電池の保証期間は3ヶ月です。



2017年12月末に電池交換をしてもらいあれから2年以上経っていますが、雨に濡れたりプールで泳いだりしても水が中に入ることは無く今でも時を刻んでいます。


電池交換をしてもらったのが2017年12月なのでおそらく2023年頃にはまた電池が止まると思いますが、
その時はまたTIME DEPOTに持っていって電池交換をしてもらうつもりでいます。修理できる範囲の内は今現在使用しているG-SHOCKを使用し続けます。

 

素人コメアオ
370ペソで電池交換をしてくれるなら安いよね。

 

玄人コメアオ
とても満足しているよ!

 

まとめ

✔ フィリピンにはCASIOが行っている修理サービスの受付窓口はありません。

✔ G-SHOCKの電池が切れた場合は「TIME DEPOT」に修理を出す事ができます。

✔ 電池交換にかかる期間はは3週間です。

✔ 電池交換費用は370ペソ (日本円で約740円)です。

✔ 交換電池の保証期間は3ヶ月です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

今回のテーマは、『フィリピンでGショックの電池が切れた場合は?』についてでした。

いかがだったでしょうか。

次回のテーマは、『海外からエックスサーバーの申し込み方法 フィリピン版についてです。


Have a nice day!

ブログランキングに参加しています。

順位の確認はこちらからです。

↓↓↓


フィリピンランキング


今や英語は世界共通語です。フィリピンでは英語は公用語の1つとして学校で教えています。大半のフィリピン人は英語を話す事ができるので、レアジョブにはフィリピン人講師が多数在籍しています。英語を上達させるには習得したワードやセンテンスを使って話す事が大事です。
会員数50万人突破!業界No.1のオンライン英会話 「レアジョブ英会話」を見る>
スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!
>JAPAN AIRLINES

JAPAN AIRLINES



Japan Airlinesで行くフィリピンの旅。
JAL ビジネスクラスで行く、ワンランク上の空の旅。

フィリピンの観光名所マニラ、ビガン、ボホール等があり
セブ、ボラカイ、プエルトプリンセサ等のキレイなビーチがあちこちにあります。
1度訪れたらまた来たくなる国です。


CTR IMG